マーケティング 勝者の戦略

マーケティングの4P 株式会社アクティブ・コンサルティング

マーケティング >

マーケティングミックス >

マーケティングの4P

マーケティングの4Pは重要な要素です

マーケティングの4P

マーケティングというと、反射的に4Pと答えたくなるほど、マーケティン グの4Pは、有名な概念です。広範な意味を持つマーケティングを整理 する上で、極めてシンプルでわかりやすい概念です。マーケティングを 4Pの組み合わせとして捉えることで、全体像を構想できます。

ブルーライン

■ マーケティングの4Pとは何か

マーケティングの4Pとは、アメリカのマーケティング学者のエドモンド・ ジェローム・マッカーシーが、1960年に提唱した理論です。範囲が広 過ぎて、全体像が捉えにくいマーケティングという概念を、4Pにまとめ ることで、極めてわかりやすく整理した点が特徴です。

4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販売 促進)の頭文字のことです。この4つの要素を決めれば、一応のマーケ ティング企画を立てることができます。シンプルですが、本質を捉えてい るので、今日に至るまで、長期にわたりマーケティングミックス、マーケ ティングの4Pと呼ばれて、マーケティングの基本中の基本理論として、 受け継がれています。

■ マーケティングの4Cに発展?

マーケティングの4Cとは、アメリカの経済学者のロバート・ラウターボー ンが、1990年代に提唱した理論です。4Pの概念がメーカー視点から 組み立てられたものであるのに対して、4Cは顧客視点から組み立てら れた概念である点が特徴です。4Cは、4Pをベースにして、作られたも のです。

4Cは、Customer Value(顧客価値)、Cost(顧客にとっての経費)、 Convenience(顧客利便性)、Comunication(顧客とのコミュニケーション) の頭文字のことです。4Pはメーカー視点から顧客を見てマーケティングを 組み立てようとしているのに対して、4Cは完全に顧客視点に立って見て、 それをメーカーマーケティングに反映させようという点が異なります。

マーケティングを詳しく学びたいのなら、
この本を必ず読むことをお勧めします。

本当に英語を話したい人にお勧めします。
いま最も話題の英語学習教材です。


←マーケティングミックスへ

プロダクトへ→



当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
Copyright © 2012 Active Consulting