マーケティング 勝者の戦略

マーケティング環境分析 株式会社アクティブ・コンサルティング

マーケティング >

マーケティングの基礎知識 >

マーケティング環境分析

マーケティング環境分析とは何でしょうか

マーケティング環境分析

マーケティングにおける環境分析は、極めて重要です。なぜならば、企 業は政府の様々な規制に制約を受けますし、時代の変化を捉えて、時 流に乗らない企業に成長はないからです。マーケティング環境分析は、 大きくマクロ環境分析とミクロ環境分析に分けることができます。

ブルーライン

■ マクロ環境分析のフレームワーク

分析を効率的に進めるためには、フレームワークを活用することが有効です。 マクロ環境分析で代表的なフレームワークは、コトラーのPEST分析です。 マーケティングのスタートとして、最も多く活用されています。

PESTとは、政治的環境要因( P=political)、経済的環境要因 ( E=economic)、社会的環境要因(S=social)、技術的環境要因 ( T=technological)の頭文字をとった造語です。 政治的環境要因には、法的規制や税制などがあり、企業経営に直接影響を与 える制約条件となります。業界によっては、最も大きな影響を与える要因と なる場合があります。

経済的環境要因とは、景気動向、株式市況、為替推移などです。多くの企業 が多大な影響を受けます。特に、輸出関連の企業は為替レートによって、利 益が大きく左右されます。

社会的環境要因には、価値観の変化や、ライフスタイルの違いなどがあります。 人口構造の推移で、高齢者が多くなれば、企業も高齢者対応が求められなど、 マーケティング展開に直接関わる要因です。

技術的環境要因とは、IT技術の発達、通信手段の変化などです。インター ネットや、その端末の変化に迅速に対応した企業が、短期間で大きく業績を 伸ばし、主役交代していく様子は、誰もが目の当たりに見てきたことです。

■ ミクロ環境分析のフレームワーク

ミクロ環境分析で代表的なフレームワークは、マイケル・E・ポーターの ファイブ・フォース・モデル(five forth model)です。

この内容は、特定の業界について
(1)業界内競争が激しいか否か
(2)新規参入障壁が高いか低いか
(3)代替品があるかないか
(4)消費者の力が強いか弱いか
(5)供給業者の力が強いか弱いか

という5つの観点から分析します。

マーケティングを詳しく学びたいのなら、
この本を必ず読むことをお勧めします。

本当に英語を話したい人にお勧めします。
いま最も話題の英語学習教材です。


←マーケティング理論へ

マーケティングの手順へ→



当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
Copyright © 2012 Active Consulting