マーケティング 勝者の戦略

マーケティングの役割 株式会社アクティブ・コンサルティング

マーケティング >

マーケティングの基礎知識 >

マーケティングの役割

マーケティングの役割とは何でしょうか

マーケティングの役割

マーケティングは非営利の公共団体などにも必要な概念ですが、この Webサイトでは、ビジネスにおけるマーケティングを考察しています。 それゆえマーケティングの役割は、ビジネスでシェア競争に打ち勝ち、 勝利をもたらす、すなわち利益をもたらすことであると考えています。

ブルーライン

■ プロダクトアウトとマーケットイン

世の中にものが不足していた時代には、シーズ(技術の種)に注目して、 新しい技術があれば、それをいち早く製品化して、大量生産により、画一 的な製品を低価格で提供することが、企業の使命であり、それがビジネス に大きな利益をもたらしていました。

アメリカの大手自動車メーカーであるフォードが、いち早くオートメーシ ョン工場を作って、大量生産、大量販売で成功した時代が、もの不足の時 代の成功例の幕開けでした。

戦後の日本においても、長期にわたりもの不足が続いていたために、国民 全員が横並びで画一的な製品を待ち望んでおり、テレビ、冷蔵庫、洗濯機 などが、飛ぶように売れていた時代がありました。

このように、まず自社の技術で何ができるかを考え、できたものをいかに 販売するかを考えるという手法をプロダクトアウトと言います。

それに対して、世の中にものがあふれてくると、機能性だけでなくデザイ ンが個性的なもの、あるいは自分にとって使いやすいものなど、消費者の ニーズ(必要性)が、多様化してきます。

まず消費者のニーズを探ることから始めて、それを満たす製品を開発する ことを、マーケットインと言います。プロダクトアウトからマーケットイ ンへというのは、現在のマーケティングの主流となっています。

ビジネスに成功したかったら、消費者のニーズを調査して、誰がどのよう な理由で求めている製品やサービスを提供するのかを、真剣に考えなけれ ばなりません。

マーケティングを詳しく学びたいのなら、
この本を必ず読むことをお勧めします。

本当に英語を話したい人にお勧めします。
いま最も話題の英語学習教材です。


←マーケティングの歴史へ

マーケティング理論へ→



当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
Copyright © 2012 Active Consulting